スポンサーリンク

【Wi-Fi(ワイファイ) ルーター 中継機】のオススメを紹介。これでWi-Fi高速化に成功。

wifi

引越しや、自宅をリフォームで広くしてWi-Fiの親機から子機(タブレット、スマホ、ノートPC等)の間に障害物ができて、Wi-Fiの電波環境が悪くなって最悪や~。

 

となってしまった方も多いと思います。

 

私も、引越しをしてリビングから寝室兼パソコン部屋まで扉を二枚挟むことになってしまいました。

 

そこで、想像以上にWi-Fi環境が最悪になってしまったので、対処法を探していたところ、Wi-Fi中継機なるものを発見して、いざ使用してみたら劇的にWi-Fi環境が改善しました。

 

本当は記事にするつもりはなかったのですが、あまりに中継機を使ってWi-Fi環境が改善したので、この感動を皆にも伝えたいと思い、実体験記事をご紹介します。

 

スポンサーリンク

Wi-Fi中継機とは

wifiの電波が届かない場所への対策として、中継機を利用して電波をより遠くまで飛ばす。しかし、中継機の利用は、電波の届く範囲の拡張には有効だが、中継と端末の接続に使う周波数をよく検討しないと、かえって非効率な環境にもなる可能性もある。

 

なんのこっちゃ?と思って調べてみたら、Wi-Fiには2.4GHz5GHz二種類の電波帯があるそうです。

 

簡単に説明をすると、

 

5GHzは電波は強いが、障害物や距離には弱い。

 

2.4GHzは電波は弱いが、障害物や距離に強い。

 

ということで、Wi-Fi中継機を利用する人は圧倒的に2.4GHzの方がいいのではないでしょうか?

 

私はこちらの商品を購入し、劇的にWi-Fiの電波が高速になりました。

 

BUFFALO WEX-733DHP

 

 

セットアップもいたって簡単で、コンセントに挿してボタンをポチっと押して、Wi-Fi親機と同期すれば完了です。

 

私が使っているWi-Fiルーター(親機)はこちら。

 

中継機(WEX-733DHP)自体も2.4GHz5GHzの切り替えは可能です。

 

私は2.4GHzで使っています。

 

Wi-FiルーターからPCまで二枚の扉を挟んでしまった結果、速度がこのようになりました。

 

 

はい、最悪です。

 

YouTubeを観ていても、カクカクで観れたものではありません。

 

そこで、どうしたものかと色々と調べた結果、中継機を使うとWi-Fi電波をより飛ばすことができることに辿り着きました。

 

 Wi-Fi 中継機 と検索しても色々とあるので、どれを買おうか迷ってしまいますよね。

 

そこで口コミ等を調べた結果、BUFFALO WEX-733DHPを購入。

 

自宅ではこのように中継機を配置

これで、位置感覚はわかっていただけたかと思います。

 

視覚的にはこんな感じです。

 

 

どこにあるのかわかりましたか?笑

 

非常に小さいので、インテリアの邪魔にもなりません。

 

Wi-Fi電波はどれくらい改善されたかというとこちら。

 

 

おおおおおおお!と思わず感動してしまいました。

 

数値の比較。

 

ダウンロード
1.24Mbpsから24.6Mbps
アップロード
0.14Mbpsから11.6Mbps

 

いや~。これだけWi-Fi環境が改善されればYouTubeもストレスなく観れます

 

まとめ

 

 

Wi-Fi中継機はたくさんあるので、どれを買っていいか迷うと思うのですが、BUFFALOの製品ならとりあえず間違いはないと思います。

 

冒頭でも伝えましたが、本来この中継機に関して記事にするつもりはありませんでしたが、あまりにもBUFFALO WEX-733DHPを設置したことでWi-Fi電波環境が改善して感動したので、記事にさせていただきました。

 

私と同じように、生活環境が変わって、Wi-Fi電波が届かなくなってしまった。という人は、BUFFALO WEX-733DHPを設置すれば間違いなくWi-Fiの電波環境は改善されると思います。

 

BUFFALO WEX-733DHPかなりお薦めです。

 

 

その他、BUFFALO製品の中継機はこちら