スポンサーリンク

スニーカーソールを激安で一発綺麗にする方法

スニーカー

 

シューズクリーナーでお馴染みの、JASON MARKK(ジェイソンマーク)を使っても落ちない!

 

なんてことはございませんか?

 

そもそも、ジェイソンマークの代表製品「プレミアムシュークリーナー」は成分の98.3%が天然素材でできており、研磨剤や強い化学品が添加されていないので、スニーカーに余計なダメージを与えない、そして環境に優しいことが特徴。

 

とのことですが、スニーカーのソールの汚れってアスファルトの油分が含まれていますので、油を分解するような成分がないと、ソールの汚れはちょっとやそっとじゃ落ちません。

 

消しゴムでソールの汚れを落とす。という方法もありますが、油の汚れは消しゴムでは簡単に落とせません。

 

実はこんな落ち難いソールの汚れを格安簡単に落とせる方法があるのでご紹介します。

スポンサーリンク

スニーカーソール汚れはこれで一撃

100均の除光液

 

そもそも除光液とは?

 

簡単に言ってしまうと、マニキュアを取り除く溶剤のこと。

 

エナメルリムーバーなどともいいますね。

 

あまり男性に馴染みのない物ですが、これでソールを磨くと汚れが嘘のように落ちます。

 

多くの除光液にはアセトンという有機化合物が含まれていて、これが油脂を溶かす働きを持っているそうです。

 

落ち難い汚れって、大体が油分みたいな感じでベットリしませんか?

 

除光液がこの油分を根こそぎとってくれます。

 

実際に、自分が履いているリックオーエンスジオバスケットで実験してみましょう。

 

まずは、着なくなったTシャツのウェスに除光液を染み込ませます

 

 

たっぷり染み込ませてから、いざ汚れたソールを拭き取ります

 

ビフォア

 

アフター

 

ほら!

 

びっくりするくらいに汚れが落ちたでしょ?

 

以前はJASON MARKKでソールをゴシゴシと磨いていましたけど、時間もかかるし落ちない場合もあるで、労力と結果が伴っていない場合があったのですが、除光液をウェスなどに染みこませて拭き取るだけで、

 

あら不思議!

 

簡単に汚れはほぼ落ちます。

 

しかも100均で除光液は大体売っているので、スニーカーヘッズのお財布にも優しいですね。

スニーカーソール部分以外の注意点

除光液は油分を取ってくれるので、革製品や色落ちしやすい物には絶対に使わないでください。

 

あくまでソール部分にのみ使ってください。

ちょっとソール以外の部分に付いちゃった!

くらいだったら直ぐ拭き取れば大丈夫ですよ。

 

除光液が洋服についたら染みになるかもしれないので、汚れてもいい服で作業するのと、臭い がするので換気しながらお試しください。

まとめ

除光液でソールを磨いてはや四年。

 

「除光液のせいでソールがボロボロにならない?」

 

と思ったかもしれませんが、ご安心ください。

 

ボロボロになったことは一度たりともありませんよ。

 

以前は、ソールを磨くのにベンジンを使っていましたが、1本が1000円前後のものがほとんどだし、すぐに使い終わってしまうので、今では100均で売っている除光液にお世話になりっぱなしです。

 

これで、今まで落ちなかったソールの汚れも一発で落ちるかも?