スポンサーリンク

【Hulu(フールー)】を【三年間】使い続けてわかった、メリットとデメリット。

Hulu

 

ドラマや映画をネット配信で観ることができる定額制のサービスを提供するHulu

 

結論から言うと、Hulu滅茶苦茶オススメです。

 

日本でも動画配信サービス(VOD)は数あれど、Huluが何故オススメ出来るのか、Amazonプライム・ビデオとNetflixとHuluで比較してみました。

 

動画配信サービス(VOD)をどこで契約しようと迷っている方は、是非ともご参考にしてみてください。記事は三分ほどで読めます。

 

スポンサーリンク

Huluが選ばれる理由

 

 

定額制

月額933円(税抜)で5万本以上のコンテンツが全て見放題です。追加料金は一切かかりません。登録料もかからないので、無料【Hulu】今すぐ会員登録はこちらを利用してから月額へ切り替えることが可能です。また、無料お試し中でも5万本以上のコンテンツは全て見放題となっております。

 

豊富なラインナップ

国内外のドラマや映画、海外のバラエティーやドキュメンタリー、ライブや、音楽バラエティー、アニメ、ジャンルに捕らわれないラインナップが豊富なので、あなたの観たい作品がきっと見つかるはずです。

 

動画がさくさく観られる

パソコンでは、下り速度6Mbps以上、スマートフォン/タブレットでは、下り速度3Mbps以上、テレビ/ブルーレイプレーヤ/ゲーム機/メディアプレーヤーでは下り速度 6Mbps以上がHulu視聴速度として推奨されています。私は、光回線でスマホ、タブレットをWi-Fi電波下り25Mbps前後でHuluを観ていますが、高画質で視聴でき、動画が途中でカクカクになったりすることは一度もありません。無駄な広告も現れないので、ノンストレスです。

 

動画のダウンロードが可能

動画をスマホで見る際には、通信料金がかかってしまいます。しかし、自宅のWi-Fi電波を利用して、スマホに動画を予めダウンロードしておけば、通勤や通学途中の電車の中で、スマホを縦にしながらでも動画を観る事が可能です。また、飛行機に乗る前や、新幹線移動など、長時間移動の際にも、事前にスマホやタブレットにお好きな動画をダウンロードしておけば、退屈だった移動の隙間時間を埋めることができます。勿論、ダウンロードした動画なので、電波の無い場所でも動画を観ることができます。

 

国内外のドラマを最速で観られる

Huluには見逃し配信というサービスがあり、日本テレビで放送中のドラマ、アニメ、バラエティを放送終了後に即配信するサービスがあります。見逃してしまった番組や、途中から観たけど面白かったので、最初から観たい番組がある人に有難いサービスです。

 

Hulu、Amazonプライム・ビデオ、Netflix 【徹底比較】

 

 

Hulu Amazonプライム・ビデオ Netflix
お試し 14日間 30日間 1ヵ月
作品数 5万本以上 5万本 非公表
料金 1,007円 400円(月額)3,900円(年間) 702円 1,026円 1,566円
追加課金 なし あり なし
ダウンロード
画質 全作品HD SD、HD、UHD SD、HD、UHD
スマホ縦再生 不可
特徴 日テレ系の番組に強い Amazonプライムサービスの利用可 海外系ドラマに強い

 

料金プランで、一番安いのはAmazonプライム・ビデオですが、どの画質(SD、HD、UHD)で再生されるかはご利用の端末と作品によって決まります。Amazonプライム・ビデオはAmazonビデオ内の配信動画は全て観放題ではありません。追加課金が必要な場合もあるので、意図せず課金してしまった。ということがないように注意してください。

 

また、Netflixは画質によって料金に差が出ます。Huluと比較したときにHD(ハイビジョン)でご利用になりたいなら、Netflixは若干割高になります。作品数も非公表となっていますが、Huluより少ないのは明らかでしょう。

 

料金や画質も一律なHuluが一番ストレスなく利用できる、動画配信サービス(VOD)と言えます。

 

Hulu(フールー)を利用するメリット

 

 

見逃し配信

日本テレビ系の番組を観ていると、『Huluで配信中』などのテロップを観たことはありませんか?これは、日本テレビがHuluを2014年に買収し、Huluは日本テレビの子会社なので、日本テレビ系の番組が放送終了直後にも関わらず、即Huluで観れる場合があります。

さらに、テレビでは放送できなかったあの名作ドラマの未公開シーンも観ることもできます。これは、ファンにとっては本当に有難いことです。

 

定額見放題

料金は一律1,007円(税込み)です。その他にかかるものは一切ありません。レンタルDVDが一枚300円~かかるので、毎月DVDを四枚以上借りている人なら、Huluに切り替えたほうが圧倒的にお得です。しかも、返却を忘れて延滞料金を取られるリスクもありません。

 

画質が良い

全ての作品はHD(ハイビジョン)対応なので、52インチの大画面で観ても、DVDやブルーレイディスクの画質と一切謙遜ありません。動画の読み込みに時間がかかることもないので、再生までのストレスはゼロと言えます。

 

動画をダウンロードできる

お好きな端末(PC、タブレット、スマホ)で好きな動画をダウンロードできます。お子様がいる家庭なら、タブレットやスマホにアニメをダウンロードしておけば、長時間の車移動でも、ぐずることなくアニメに集中してくれそうです。

 

レジューム機能がある

動画を観ている最中で一旦、別番組を観た後も、再度同じ動画を観た時には続きから再生してくれます。これが本当に便利なんです。いちいち、何処まで観たのか探す手間も覚えておく手間もかかりません。これで、少しの待ち時間でも気軽に動画を観ることができます。

 

デメリット

 

 

同時視聴ができない

1アカウントにつき、1台のみ利用が可能です。リビングと寝室で同時に同アカウントから再生できないと思ってください。ただし、ネットで調べると二台までなら同アカウントから同時に動画が再生できるそうです。ただ、こちらは利用規約に違反するので、絶対にしないでください

 

映画の最新作が少ない

所謂、旧作がほとんどです。最新の映画を観たいに人にはオススメできません。ただ、映画には名作と呼ばれる作品も多々あり、Huluでは、韓国映画、アクション、ホラー、サスペンス、SF、ヒューマンドラマ、恋愛、コメディー、アニメの細かいジャンルを指定して50,000本以上の作品の中から検索することができます。

 

倍速再生ができない

時短で映画やドラマを観たい人には倍速再生が出来ないのでストレスを感じるかもしれません。ただ、ほとんどの動画配信サービス(VOD)は倍速再生には対応していません。どうしても倍速再生で観たい方は、グーグルクローム対応の、Video Speed Controller等のアプリを使えば倍速再生は可能です。

 

大人向けがない

特に、Huluで大人向け動画が観れなくても問題はないと思いますが、どうしても観たい方は大人向けを専門としている動画サイトは沢山あるので、そちらで観ましょう。(笑)

 

まとめ

 

 

動画配信サービス(VOD)戦国時代と呼ばれていますが、その中でも非常にHuluは使いやすいです。

 

隙間時間を利用して観る方や、がっつり自宅の大画面テレビで観たい方も、Hulu全ての人を満足させることでしょう。

 

日本テレビ系の番組が大好きな人は間違いなくHuluオススメです。正直、Hulu以上に日本テレビ系の番組を観られる動画配信サービス(VOD)は無いはずです。

 

画質もHD(ハイビジョン)で観ることができ、利用料金も一律です。ダウンロードして、お好きな端末で動画を楽しむことが出来るHuluを利用すれば、あなたの人生に充実の二文字を与えてくれるはずです。

 

Huluが気になった方は【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中でお試し登録をしてご自分の目でHuluのサービスをお確かめください。

 

50,000本以上の動画が、あなたを待っていますよ。