スポンサーリンク

【購入レビュー】アディダス YEEZY BOOST 700

スニーカー

 

ADIDAS YEEZY BOOST 700が、2018年9月15日(土)に日本国内で再販されました。

 

以前はYEEZY WAVE RUNNER 700としてYEEZY SUPPLY2017年8月13日(日)に発売された後、YEEZY BOOST 700名称を変更し、2018年3月10日USのadidasオンラインストアでリストックとして販売されました。

 

アメリカのみ販売!

 

ということで、日本では販売価格20万円を越すこともあり、かなりのプレミアが付きました。

 

アメリカでの販売価格は300ドルでした。

 

正直、販売された当時の私の感想

 

かっこわる~

 

でした笑(本当にすみません)

 

しかし、昨今の時代の流れのせいか?ダサいが格好悪いに見える、所謂ダサカッコイイに思えて来ました。

 

それに、YEEZYシリーズはコレクションとしても抑えておきたい一つでもあります。

 

2015年2月28日に初代「YEEZY BOOST 750」が発売されて以来、様々なシリーズが登場しています。

 

YEEZY BOOST 350

 

YEEZY BOOST 750

 

YEEZY POWERPHASE

 

YEEZY DESERT RAT 500

 

次はどんなモデルを発表するのか、YEEZYシリーズから今後も目が話せません。

 

YEEZY BOOST 700は、一見ランニングシューズのように見え、ハイテクスニーカーとは一線を画するデザインとなっていますが、実はミッドソールには高い耐久性衝撃吸収性を備えたクッション素材BOOSTフォームを搭載しており、中身は立派なお利口さんなんです。

 

そんな、YEEZY BOOST 700のレビューを今回は記載したいと思います。

 

スポンサーリンク

アディダス YEEZY BOOST 700

 

 

見ればみるほど、唯一無二のスニーカーです。

 

このスニーカーから、YEEZYの冠を取ったらどうなるんでしょう

 

それはさておき、まずはadidasから届いた箱から載せていきます。

 

 

 

この箱の中に、YEEZY BOOST 700が眠っていると思うとドキドキしますね。

 

宝箱を開ける子供のような心境です。

 

では、ガムテープを取って中を取り出してみましょう。

 

はい、こちら

 

 

 

700の文字がインパクトありますね。

 

続いて、恒例の箱の側面を見ていきましょう。

 

 

 

側面にはMADE BY ADIDASと書かれていますが、MADE IN CHINAなんですよね。

 

はい

 

では、箱を開けてみましょう。

 

 

横からスライドして開けるタイプです。

 

 

箱から取り出しました。

 

では、紙を取り外して御開帳といきましょうか。

 

 

じゃん!

 

 

 

ないすぅ~!

 

 

なんだか、すげー格好良く見える。

 

以前は、かっこわる~とか思ってごめんなさい。笑

 

 

左右のフォルムです。

 

思っていた以上にミッドソールが分厚かったです。

 

ここに、高い耐久性衝撃吸収性を備えたクッション素材BOOSTが入っているのでしょうね。

 

 

正面から

 

 

後ろから

 

 

アウトソール裏面

 

 

インソール部分

 

 

中の側面にさりげなくYEEZYと記載されているのも、にくい演出です。

 

【まとめ】 YEEZY BOOST 700

 

サイズと着用感について
 
実際私が履いているのは  

Yeezy Boost 350⇒27.5cm(US9.5)ジャスト  
Yeezy Boost 700⇒27cm(US9)ジャスト
 
AIR JORDAN 3 RETRO⇒27.5cm(US9.5)少し大きい  
AIR MAX 97⇒27.5cm(US9.5)ジャスト  
Rick Owens GEO BASKET⇒41 ジャスト  
REACT ELEMENT 87⇒27cm(US9)ジャスト  
Y-3 QASA HIGH⇒27cm(US9)少し大きい  
AIR FORCE 1 SUPREME CDG⇒27cm(US9)ジャスト  
UNION AIR JORDAN1⇒27cm(US9)ジャスト  
Timberland 6インチ ブーツ⇒26
cm(US8)ちょいぶか  
Off-White × NIKE AIR MAX 90⇒27cm(US9)ちょいきつ  

 

こんな感じです。

 

YEEZY BOOST 700の全体的な印象は思ったより肉厚ですが、そんなに重たくもないです。

 

ジャストサイズで履くことをオススメします。

 

YEEZY BOOST 350 V2 TRIPLE WHITE

 

 

 

 

こちらが2018年9月21日13時に日本国内のアディダスオンラインで発売されましたが、14時くらいまではほとんどのサイズがありました。

 

そして、この記事を追記しているのが2019年1月21日ですが、「YEEZY BOOST 350 V2 TRIPLE WHITE」2度目の再販売が決定したようです。

 

Kanyeの想い『YEEZY FOR EVERYONE(YEEZYをすべての人のために-)』を実現すべく、販路を広げてこれまで未展開だったスニーカーショップでも取り扱われることになりました。

 

TRIPLE WHITEより、個人的には、YEEZY BOOST 750を再販してくれたら嬉しい限りです

 

再販をすると、折角プレミア物のスニーカーを手に入れた人たちからは、プレミア感が薄れるので再販はしてほしくない人もいるでしょう。

 

 

ただ、私はそんな再販で運よくYEEZY BOOST 700を手に入れることが出来ました。

 

感謝感謝です。

 

┌────────────────────┐

 

⇒その他、YEEZY BOOSTはこちらをチェック

 

└────────────────────┘

 

YEEZY BOOST 350の購入レビューはアディダス YEEZY BOOST 350 V2 SEMI FROZEN YELLOW